ガタガタな家

雑記

しぶちんという言葉 よいかたちの親戚づきあい

2018年1月31日

スポンサーリンク

けち、しみったれ、出し惜しみ…そんな誰かの話

皆様、ごきげんよう 曼珠沙華ことリリィ( iroiro_w_168 )です。

シブチン(しぶちん) - 日本語俗語辞書
シブチン(しぶちん) - 日本語俗語辞書

シブチン(しぶちん)の意味・関連語を解説。

この言葉を思い出すまでに30分ぐらい考えてしまいました。

これは先週、母親が夕飯の食卓で話した話です。
本題に入る前に、前置きとして我が家の状況を説明させてください。

自宅の改装工事

我が家は去年、1階だけリフォーム工事をしました。
築40年ほどの木造住宅で、住むのに不便はないのですが、よくある高齢者の面倒を見るには大変な家です。

祖父が家でぶっ倒れたとき、救急隊員が担架を運び入れるのも、襖を外してやっとさ。
痛風で歩けないときも、玄関と土間の段差が大きく、そこを切り抜けても道路に出る手前は階段になっています。
玄関の扉もすきま風が入るようになってしまい、鍵穴も錆びていて、鍵を差し込む時は上下左右に振りながら力いっぱい押し込まないと入らないような状態でした。

玄関先の階段をスロープにしたり、シロアリ被害にあった壁内を急遽補強したり。
靴箱も扉も既存品がはまらないので、フルオーダーという形に。
雨漏りもあって補強と外の塗装もしてもらった結果、予定よりは多く掛かったのですが、個人店にお願いしたことでほどほどの額で済みました。

母親の従姉一家(母親の従姉、その娘さんとお孫さん)が遊びにきた時に内装をみせたら大変気に入ったのです。
従姉宅は我が家と同じでガタがきている部分も多く、リフォームを決めたそう。
その経緯で、従姉一家に我が家にお願いしたリフォーム業者さんを紹介したのでした。

ここまでが前提です。長かった!

母親の従姉宅もリフォーム

このリフォーム業者さんと母親は大変仲がよく、旦那さんと奥さん共々交流があります。
何かあるとお米やお酒をお裾分けしています。

先週も、届いた家具やレールカーテンなど、細々とした取り付けをお願いしていたらしいのです。
その時にリフォーム業者さんが従姉一家の話をしたのですが、ちょっとどころかかなり気になったらしいのです。

私は仕事の都合で従姉一家に滅多にお会いしません。
最近になって従姉の家、娘一家も同居していることだけは聞いていました。
この娘さんの旦那さん、とんでもない方のようで、金遣いの荒いオヤジをご想像していただけたらと思います。
貯蓄も厳しいので、娘さんは「もっとまけて」「もっと安くして」と、どの場面でも言うらしい。

この話を聞いて、常識外れ(あくまで母親の感覚です)の行動に母親は大変驚いたんだとか。

母親
母親
まけてもらっても満足できないなら、そのグレードで我慢するしかない。
それ以上を求めるなら多少お金積まないと駄目に決まっている。
だからシブチンなんて好かれない

そう、私と祖父に夕飯時に話したのでした。
この考え方は、お金がない私も同意見なのですが。

考慮しても、そこまで高くない

我が家もリフォームしていると話したとおり、金額は至って普通でした。
私が聞いても「あんだけやったんだから、そのぐらいはかかるだろう」という額です。
あれもこれも要望を聞いた上なので、むしろ安いぐらい。

床とシステムキッチンは母親も気に入っていて、床は材質と厚みにもこだわった木をリフォームした場所はすべて敷き詰めています。
従姉の娘さんも気に入って、我が家と同じような形に仕上げたいらしい。

我が家の価格でも安かったのに、それ以上にまけるなんて普通、できっこありません。
ここからまけるとなると業者さんは赤字というか、儲けがない――みたいな状態になるわけで、ビジネスとして成り立たないのです。
ボランティア(笑)でやってるんじゃないんだから。

安く済んだり、割引があれば、そりゃー嬉しいですよ。
大手や名の知れたブランド力で売っている会社に比べると、決して高くないのに。
相手の利益を考えたらそれ以上、下げろなんて言えないと思います。

親戚の紹介をどう取るか

気になったのは、親戚の紹介という点です。
我が家の、特に母親の顔に泥を塗る行為だということです。

母親は義理人情を重視するタイプで、大変プライドが高く、自分の価値観を否定されることが大嫌いです。
たまにしか会わない親戚なので、そんなこともわかるはずもなく。
その愚痴の矛先が、私と祖父に向くという事実を彼らは知るよしもありません。
我が家の、母親の顔に泥を塗るということは、他の全員に石投げて痛いをさせているも同位です。

こちらもそんなこと言うのは嫌ですが、紹介した手前、日頃よくしてくれるリフォーム業者さんの立場を考えたら、母親は黙っていないでしょう。
この話は、次回従姉一家にお会いしたときにすることになりそうです。

紹介した人のこと何も考えず、やりたい放題している人って、後のことを何も考えないのかしら。
今後も親戚付き合いを継続したい方は、紹介経由の方にやりたい放題はよしましょう。
こうやって食卓で話されますから。

どういう評価をされようと、どのような視線を向けられようと
「気にならない! 覚悟はできている!」
そう思った人はどうぞどうぞ。
従姉と母親は仲がいいので交流が無くなるとは思えませんが、その娘さんと私は歳が近いだけにわりとショックです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
曼珠沙華@リリィ

曼珠沙華@リリィ

14歳のとき、双極性障害を発病し、現在は寛解中のアラサー。 自傷行為や暴れたりはあるものの、以前よりはマシ(´・ω・`) 三度のメシよりゲーム好き。

-雑記
-,

Copyright© 色いろ168 , 2019 All Rights Reserved.