https://bit.ly/2ODOlnQ

雑記

私にとってのオシャレ 親がオシャレでも子もオシャレとは限らない

2018年3月30日

皆様、ごきげんよう 曼珠沙華ことリリィ( iroiro_w_168 )です。

スポンサーリンク

センスは育った環境で決まる?

先日、百貨店で靴を購入したのでこの記事を書こうと思いました。

センスはその人の育った環境が、モロ影響していると思います。
とはいえ、親が着せていた趣味がそのまま続くとも限りません。

母親はカジュアルが好きで、奇妙な色を好み、それがやたらしっくりきます。
私は大人フェミニンやガーリーの甘めでレースやフリル、きれいめ大人カジュアルが好き。

母親は幼少期からこういって育てました。

母親
母親
キレイな服を着るのは当たり前!
本物かどうかは時計と靴をみなさい。
小物にお金をかけれる人は比較的余裕がある人だから

自分で服や靴を買うようになってわかりましたが、実際、時計と靴は優先度が低いです。
腕時計なんて趣味じゃなければ1つあればいいし、靴もあわせやすい色合い(白、黒、ベージュ)に絞れば、そんなに足数持っていなくても何とかなります。

足の悩み

母親は140前半で低身長で、足のサイズも小さいです。
21.5cmで甲薄幅狭で日本人の平均とはかけ離れていて、普通のお店では店頭に並びません。
自然と高めな靴になります。
最近はOLを辞めて、オシャレな靴で出かける場所が減り、買わなくなりました。

逆に、私は甲高幅広で、母親とは真逆の足です。
無理して手頃の値段の靴を履いて誤魔化していますが、合うのは同じように高めの靴です。

カバンとサイフ

母親は、ブランド物のカバンとサイフが好きです。
ブランド物と書きましたが、ハイブランドのCHANELやルイ・ヴィトンではなくて、手頃で良い品を取り扱っている無名のブランド発掘のようなことが好きなのです。
私が幼少期の頃はバブル過ぎたぐらいで、家にはハイブランドのカバンもありました。

今でもサイフは常に2~3つ所有していて、その時々の気分で使うものを変えています。
黒いサイフだったのに、いつの間にかゴールドになっていたり。
これが当たり前で、最近は特に気にならなくなりました。

サイフは買わない

実のところ、生まれてこの方、サイフを買ったことがありません。
二十歳過ぎたころなら、普通は自分で買うだろうと思うのですが、やはり買ったことがない。
今のサイフも、母親からの誕生日プレゼントです。

数年前、雑貨屋のサイフ(約3000円)を手に取った時はびっくりしました。
材質がチープ(ごめんなさい)で「こんなの直ぐに傷まないの?」って思いました。

カバンも買わない

カバンも、去年まで一度も買ったことがありませんでした。
デートの時は、母親のブランドバッグを借りれば良いからです。
良さそうな(好みそうな色合いや機能性)カバンがあれば勝手に購入しておいてくれたりして、買う必要もなかった。

出掛ける回数が増えて、1つを使い続けていると痛むのが早いし……ということでプチプラのカバンを買ってみたのです。
私がチープと思ったサイフと同じ値段のカバンですよ。

そしたら、到着した時点でもう取っ手の部分が食い込んで凹んでいました。
中をみたら裏地もあまり縫い付けてないわ、ジーパンの色移りはするわで、びっくりしました。

二度と安物は買わないと決めました。
少し高くてもいいものは丈夫だし、使っていて色移りしたなんて、今まで経験がありませんでした。
乱暴に扱うことはしなければ、ある程度の期間は使えます。

糸がほつれたりしたら、COACHだろうとANNA SUIだろうと、どのブランド物でも捨てます。

恋人は至って庶民的

こんな風にブランド品ばかり使っている私と違い、恋人は全く普通。
私と知り合うまで、百貨店すら行ったことがありませんでした。

ある日、ブランド物の話をした時に彼はこう言いました。

恋人
グッチとかルイ・ヴィトンって皆持ってるからわりと安い方なんでしょ?

スーパーカーの価値はわかっても、ブランド名に詳しくない人だと、こんなものです。
知らないっていうのはそういうこと。

だから、母親は恋人を百貨店に連れて行くことを勧めます。
彼は知人たちにも「何も知らないんだね」と笑われることは多いらしいです。

世界が違うと感じた初めての百貨店

恋人と初めて新宿伊勢丹へ行ったとき。
このとき、デパコスも購入したのですが、本当の目的は母親のお使いでした。
「食べたいパンが、京都から出張してるから買ってきて」と。

平気で1斤1000円するパンをいくつも買っている私をみて、彼は驚いてました。
バックヤードとフロアを出入りする従業員が必ず(どんなに荷物を持っていても)お辞儀をすることにも驚いていました。
この接客は百貨店に限らず、スーパーでも私の職場でもしてるので、物珍しさはないのに。

恋人の中では百貨店は金持ちしかいないと想像していたようですが、地下と1~2階なら、私のような年収が低い人間でも行けそうだとわかったみたい。

別館の連絡通路を使ったとき

またある日、新宿伊勢丹 メンズ館から連絡通路を使い、本館に入ることがありました。
連絡通路があるのは3階、そのフロアは海外のデザイナーズブランドがあります。

目の前にディオールのロゴが見えた瞬間、「ヤッベ!変なフロアきちゃった」と思いました。
サンローランとトム・フォード、連絡通路横のグッチ。
女性が、男性の店員さんと相談しながら長財布を選んでいて「誰かへのプレゼントかな」と、ぼんやりと思いました。

恋人
あそこ、センスいいのばっかりだったね

ブランドに詳しくない人でも、オシャレなものは見てわかる。
値段が張るものはどのようなものなのか、価格は適正なのか。
物の価値を知り、良さを知ることも、1つの経験だと思っています。

両極を体験することが大事

幼少期からブランド物に触れる機会が多かったことは、私の価値観に強く影響しているのは間違いありません。
叶恭子さんも、書籍の中で「金銭面に余裕があっても自分も消費者の一人であり、価格が適正かどうか見極めます」というようなことを書かれていました。
そりゃそーですよねw
『それなりの物』と『手頃なもの』、両方がわかることで、その人の価値観と目利きができるようになるのかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
曼珠沙華@リリィ

曼珠沙華@リリィ

14歳のとき、双極性障害を発病し、現在は寛解中のアラサー。 自傷行為や暴れたりはあるものの、以前よりはマシ(´・ω・`) 三度のメシよりゲーム好き。

-雑記
-,

Copyright© 色いろ168 , 2019 All Rights Reserved.