病気

定例の通院日

2018年2月20日

皆様、ごきげんよう 曼珠沙華ことリリィ( iroiro_w_168 )です。

本日は通院日でした。
特別な用事もなく、予約時間から少し前に最寄り駅に到着しました。

百貨店で普段愛用している洗顔料を購入して、デートで使う入浴剤を購入しに東急ハンズへ。

泡のような特殊なものではなく至って普通です。

恋人の自宅は都営住宅でかなり年季の入った建物です。
風呂場はあるのですが、狭く長く使われてないため修理なりしないと入浴できないらしい。

デートの時は外泊なので、わざわざ浴槽が広めの部屋にしてだらだらと長風呂がお決まりになっています。
私が上がってもまだ入っているので、彼だけ風呂だけで1時間半ぐらい。
冬は身体が温まる安眠、夏は発汗作用のあるクール、レジャーだった日は疲労回復。
その都度、違う商品を購入して楽しんでいます。

病院へいったら30~45分待ちだったので、そのまま待つことにしました。
が、結局1時間以上待つことに。°(´∩ω∩`)°。
来たときは4人ほどでしたが続々とつめかけてきました。

実のところ診察は5分かからずに終わります。
話しても大したことじゃなくて、待合室にまで笑い声が聞こている(母親談)らしい。
他の人に診察時間のことを話すと

「短すぎない?」
「ちゃんと診てもらってるの?」
「それだけなのに1時間とか待つの?」

とか言われます。
待った分早く帰りたいのでこのぐらいで丁度よいです。

問題行動があったり、今後の方針を相談する時は他の患者さんの時間を押しても時間を取ってくれます。
年一回ぐらいそんな時があります。
偶然、直前にそういう人がいただけで「しょうがない」「そんなもんだ」と考えます。

今回、印象に残ったやり取りは

医師
医師
調子は?お母さんとはどう?
夜まで寝てる日は2ヶ月前に比べると少なくなった。
ママとは喧嘩はするけど、一緒に暮らしてるからしょうがないぐらい
リリィ
医師
医師
そうか~~。まぁ一緒に暮らしてたらしょうがないよな。
でも、いい顔してるから大丈夫だな!

ということでした。

先生のいう「いい顔」いうのは具体的にはわかりません。
たぶん2~3ヶ月前(薬が増量される前)のことだとは思うのですが。

思い返すと自分の買い物や用事でも不思議と気分が上がらなかったかもしれない。
楽しいのは一時で、その波が収まると下がる一方。
不思議と仏頂面というか退屈そうな表情していた気もします。

例えば、旅行の話を先生に話しても話すではなく伝えるに近く、事後報告のような――「楽しかった!」という思い出を自分でも回想していないというか。
プライベートなのでポーカーフェイスを意識しない分わかりやすいのかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
曼珠沙華@リリィ

曼珠沙華@リリィ

14歳のとき、双極性障害を発病し、現在は寛解中のアラサー。 自傷行為や暴れたりはあるものの、以前よりはマシ(´・ω・`) 三度のメシよりゲーム好き。

-病気
-,

Copyright© 色いろ168 , 2020 All Rights Reserved.